平成28年2月27日(土)深夜、当社の機動警備隊員が、鹿沼市北半田のひと気のない道路を1人で歩く女性を発見。
「どうしましたか?」と、こちらで声を掛けたところ、“散歩に出てきて道に迷ってしまった”などと女性が答えたため、
鹿沼署へ通報し、警察官が到着するまで、付き添っていました。
女性は認知症であったとみられています。

これに対し、3月8日に鹿沼警察署長より、表彰を受けました。

我々警備業は、昼夜を問わず、日々業務に励んでおります。
今後もこのような現場に遭遇した際は、細やかな気配り、臨機応変な対応をして、地域の安全・安心を守っていきます。

このウィンドウを閉じる